良い結果を出すために

この記事をシェアする
B!

控えた方が良いものとは

肝臓の機能が心配な人

健康診断の内容は病院やプランによって変わりますが、肝臓の機能を調べる項目は大抵のプランに含まれています。
その時に悪い結果が出ないよう、アルコールの摂取を控えましょう。
普段からたくさんアルコールを摂取している人は、肝臓機能に負担を与えるので結果が悪くなりやすいです。
せめて健康診断の1週間前から、禁酒をしましょう。

これまでにたくさん飲んでいた人が急にお酒を飲まないようにするのは大変ですが、身体のためなので我慢してください。
どうしても我慢できない人は缶ビールを1本だけにするなど、飲む量を少なくしても良いでしょう。
また最近は、ノンアルコール飲料も販売されています。
それらをうまく活用し、健康診断を乗り切ってください。

高血圧を予防しよう

塩分の多い食事を続けていると、高血圧が心配になります。
高血圧を放置すると様々な生活習慣病を引き起こすので、塩分を控えた食生活を意識しましょう。
とりあえずこちらも、健康診断の1週間前から行ってください。
すると、良い結果を出せると思います。
ただ塩分はアルコールと異なり、全く摂取しないというのは不可能です。

どの食事にも塩分が含まれているので、献立を工夫してください。
市販の冷凍食品やコンビニ弁当は、たくさんの塩分が含まれています。
ですから健康診断前はそれらを控え、できるだけ自炊をしてください。
また塩そのものだけでなく味噌や醤油といった調味料にも塩分が含まれているので、どのくらい使っても良いのか計算しましょう。