良い結果を出すために

この記事をシェアする
B!

良質な睡眠を確保する方法

しっかり眠ること

睡眠不足の状態が続くと、身体に悪影響を与えます。
それが健康診断の結果に現れるので、良い結果を期待するならしっかり寝てください。
忙しくても、1日6時間から7時間は睡眠を確保できるように努力しましょう。
そのためには夜更かしをせず、また仕事が終わったらすぐ帰宅することがポイントです。

帰宅してから料理をしていると時間が掛かり、寝る時間が遅くなってしまいます。
そこで、作り置きおかずを用意すると良いですね。
それなら冷蔵庫から出してすぐ食事を始め、終わったらお風呂に入って眠ることができます。
これまで仕事が忙しく、睡眠時間が短いのは仕方がないと諦めていた人がいるかもしれませんが、工夫すれば時間を有効に使えます。

寝る前の習慣を変える

1日6時間から7時間ほど眠るのが理想ですが、質の悪い睡眠では意味がありません。
質の悪い睡眠とは夜中に何度も目が覚めたり、起きた後も疲れが取れなかったりした時のことを指します。
このような経験がある人は、質の良い睡眠に変える方法を実践しましょう。
おすすめは、寝る直前にスマートフォンを操作しないことです。

布団の中でスマートフォンを操作する人が多いですが、それが脳や目に悪影響を及ぼし、睡眠の質が低下しています。
寝る前にスマートフォンを使わないことも、健康診断前にできる節制です。
同じようにテレビやパソコンの光も悪影響を与えるので、使用を控えましょう。
寝る前はゆったりとした音楽を聴いたり、読書をしたりするのが良い方法です。